1D5 14:30~15:15
【ロードマップ】
図研が提案するモジュラーデザインへの取り組みとMBSEへの発展
株式会社図研
プロセスイノベーション推進部
部長
稲石 浩通
Vitech Corporation
President, Chief Executive Officer
Mr. David Long
製品開発における複雑な要求は日々増しており、更なる高い品質が求められる状況の中、設計者個々の部分最適化が限界に近づいています。「製品のシステム開発を成功に導く」ためには、設計の上流からシステムを全体最適化し、設計IPを最大活用することが重要となります。図研は、様々なユーザ様とのプロジェクトにおいて『エレキ・モジュラーデザイン』の多種多様な運用を具体化してきました。本セッションでは、次にどの様なアプローチでE/Eシステム設計領域を具現化するか、その方向性をご紹介します。
さらに、MBSEへの展開について、Vitech社CEOのDavid Long氏からMBSEの展望とVitech社のMBSEソリューションを紹介します。
Vitech社 David Long氏プロフィール
David・A・Longは、25年以上、数多くの組織のシステムズエンジニアリング熟練を支援し、また最先端の技術開発に主力を注いできました。
デイビットはVitechの設立者兼社長として、業界最高の革新的メソッドとソフトウェア(CORE™, GENESYS™)を提供し、次世代のシステムズエンジニアリングをサポートしています。
彼は「A Primer for Model-Based Systems Engineering」の共同著者で、世界中のインダストリイベントにてキーノートスピーチやチュートリアルを行っています。
システムズコミュニティーの献身的な一員であるデイビットは、INCOSEの2014/2015年の会長を務めた経歴があり、現在はESEP(Expert Systems Engineering Professional)の会員です。
デイビットはバージニア工科大学(Virginia Tech)の機械工学学士の学位を取得し、同大学にてシステムズエンジニアリングの修士学位を取得しました。
【対象製品】次世代電気PLM&電気構想設計環境(CR-8000 System Planner, DS-2)
【対象業種・分野】システムズエンジニアリング