1D6 15:35~16:20
【ロードマップ】
CR-8000 Design Force ロードマップ Part1 (PCB設計)
株式会社図研
EDA事業部 EL開発部
部長
畑 直樹
電子機器の複合化・大規模化に伴い、昨今のPCB設計では基板単体の効率的な設計に加えて、複数の基板やメカ情報を含めたシステムレベルでの設計や検証が求められています。このような状況の中で最新技術トレンド対応した進化、高速化、操作性向上、自動系拡充などを行い続けているDesign Forceの直近のアップデート内容と将来計画を説明します。
【対象製品】CR-8000 Design Force (DFM Elements, Compenents Editor, GPM, Board Viewer Advance, Board Designer, Concurrent PCB Design, Lightning は資料配布のみ)
【対象業種・分野】PCB設計、システムレベル検証