2D3 11:50~12:35
【ロードマップ】
CR-8000 Design Force ロードマップ Part2(SI/PI解析、エレメカ協調、解析連携)
株式会社図研
EDA事業部 EL開発部 EL2セクション
グループリーダー
吉島 憲輔

株式会社図研
EDA事業部 EL開発部 EL2セクション
チーフエンジニア
原 崇
高機能化/省電力化/小型高密度化が進む現在、エレキとメカの両方を考慮した設計/検証が必須となっています。CR-8000 Design Forceでは、ネィティブ3D環境を活かしたエレキ/メカ混在環境での配置配線設計や検証、3Dを考慮したDRCやEMCアドバイザなど、数多くの最新技術を提供。また、ネィティブ3D環境からANSYSやKeysightの各種解析環境へエレキ/メカ両情報を含むデータを一括して渡すことで、これまでの解析準備時間を大幅に短縮しました。
このセッションでは、CR-8000のエレメカ協調設計環境と、それを活かした新世代の検証・解析連携の最新機能とロードマップを紹介します。
【対象製品】CR-8000 Design Force, Design Force SI, Design Force PI/EMI, EMC Adviser EX, EMD Collaborator, 各種解析I/F
【対象業種・分野】設計検証、CAE連携、エレメカ協調