2A4 13:25~14:10
【事例】
CR-8000 解析プラットフォーム活用のご紹介
パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
インダストリアル事業開発センター 解析・サポート部
部長
東谷 比呂志 様
複雑化する電子機器開発においては、限られた時間の中で、製品品質を担保することが求められています。
本セッションではCR-8000をプラットフォームとしたSI/PI/EMC検証ツールの活用、ANSYS/Keysight/PSpice/Simulinkとの連携を核とした設計環境について解析事例を交えてご紹介いたします。
【対象製品】CR-8000 Design Gateway, CR-8000 Design Force
【対象業種・分野】産業機器、車載機器、住宅機器