展示

図研製品やそれらを組み合わせたソリューションの展示、パートナー他さまざまな企業の展示ブースをご用意しています。
ぜひ、展示ブースもご覧ください。

  • パートナー様・出展企業様ブース
  • 図研・図研グループブース

パートナー様・出展企業様ブースと
図研・図研グループブースの詳細を切り替えられます

パートナー様・出展企業様ブース
  • アナログ・デバイセズ株式会社 ロゴ

    アナログ・デバイセズ株式会社

    無償SPICEシミュレーションツールと電源回路マネジメントソリューション

    LTspiceXVII、パワーシステムマネジメント(PSM)

    全世界で最も愛されるフリーSPICEシミュレーションツール「LTspiceXVII」。フリーツールでありながら、豊富なライブラリと部品数とノード数が無制限。CR-8000との連携機能もあり、システム設計の基礎段階での回路シミュレーションを高速に行うことができます。また、弊社のパワーシステムマネジメントでは電源回路設計後の回路検証と微調整が可能です。導入事例とともにデモ機によるデモンストレーションを行います。

  • アラスジャパン合同会社 ロゴ

    アラスジャパン合同会社

    DS-2連携ソリューション/電子部品ソーシング

    Aras Innovator

    電気設計に関する部門も、メカやソフトウェア開発部門、品質保証、生産部門、アフターサービス部門…と社内の様々な部門と協働し革新的な製品を生み出すことが求められる時代になりました。アラスジャパンの展示ブースでは、図研のDS-2とAras Innovatorの連携ソリューションをご紹介し、電気設計・製造支援のデファクトであるDS-2のプラットフォームと、企業全体にかかる製品データを扱うプラットフォームであるAras Innovatorがどのようなシーンでデータ交換するかご紹介します。
    また、電子部品のソーシングにおいて、化学物質含有量やRoHS、REACHといった各種規制対応状況、廃版や代替部品の情報等の調査、設計時のデータ利用を簡便にするArasの電子部品データベース「コンポーネント・エンジニアリング」をご紹介いたします。コンポーネントエンジニアリングには約5億点の電子部品データが格納されています。ぜひお立ち寄りください。

  • アンシス・ジャパン株式会社 ロゴ

    アンシス・ジャパン株式会社

    EDBによるDesign ForceとANSYS解析ツールの連成(電磁界解析編)

    SIwave(SI/PI/EMI解析), HFSS(高周波電磁界解析), Maxwell(メカニカル電磁場解析)

    ANSYSでは、図研の協力のもとDesign ForceとEDBを用いた新世代のインテグレーションを実現しました。
    ブース内においては、Design Forceからのシームレスなデータ連携と、SI/PI/EMI,トランス・コイル等の電磁場解析連成のデモおよび、各種解析ツールの展示をしております。世界を先導する製品開発するための戦略の一つとして、進化を続けるANSYS製品をご覧ください。

  • アンシス・ジャパン株式会社 ロゴ

    アンシス・ジャパン株式会社

    EDBによるDesign ForceとANSYS解析ツールの連成(熱、応力解析編)

    SIwave(DCIR解析),Icepak(熱解析),Mechanical(応力解析)

    ANSYSでは、図研の協力のもとDesign ForceとEDBを用いた新世代のインテグレーションを実現しました。
    ブース内においては、Design Forceからのシームレスなデータ連携と、DCIR、熱解析、応力連成解析のデモおよび、各種解析ツールの展示をしております。世界を先導する製品開発するための戦略の一つとして、進化を続けるANSYS製品をご覧ください。

  • XJTAG Limited. 富士設備工業株式会社

    XJTAG Limited. / 富士設備工業株式会社

    回路図設計段階でJTAGテスト容易化を支援

    XJTAG DFT Assistant for Zuken CR-8000

    BGAなどプローブアクセスが困難なデバイスの実装検査ができるJTAGバウンダリスキャンテストは、基板上のMPU、FPGA等のJTAGデバイスの信号を、プローブとして操作・観測することで実現されるため、テスト容易化設計(DFT)が成功のカギを握ります。Zuken CR-8000の無料プラグインツールXJTAG® DFT Assistantは、JTAG信号線の適正な接続と終端をチェックして、回路図上にテストカバレッジを視覚化することで、専門知識が無くてもJTAGテスト容易化設計を行い、手戻りを防ぎ、量産化プロセスを改善することに貢献します。

  • キーサイト・テクノロジー株式会社

    キーサイト・テクノロジー株式会社

    次世代PCB設計のフルターンキー・ソリューションの紹介

    ADS(Advanced Design System)

    各種規格の高速化、ICの高機能化、低消費電力化、基板技術の複雑化等、PCB設計のチャレンジは留まるところを知りません。本ブースでは、Signal Integrity/Power Integrity/Thermal 解析及び波形観測を一つの環境で実現したADS SIPro/PIProに関してご紹介いたします。

  • 株式会社ノイズ研究所 ロゴ

    株式会社ノイズ研究所

    実測と解析のコラボレーション「ノイズの見える化」

    空間電磁界可視化システム(ノイズ研究所), CR-8000 Design Force

    EMCのためのノイズ可視化ソリューションです。
    空間電磁界可視化システムは、製品近傍の電磁界を可視化することでノイズの出所を検出し分析ができます。また、可視化結果は、設計に取込むことができるため、EDAツールでノイズ要因の特定と対策が容易に行なえます。これにより製品設計における低ノイズ設計やEMC対策ノウハウ活用に効果を発揮します。
    本ブースでは、実際にデモ機を展示し、可視化ソリューションを体感頂けます。

  • 株式会社FUJI

    株式会社FUJI

    3Dプリンター技術を活用した電子回路製造システム

    電子回路製造システム / 製品サンプル

    3Dプリンターの印刷造形技術と部品実装技術を融合した「筐体成型・印刷回路・部品実装」の組み合わせシステムです。同システムでの製造プロセスと、それによって製造できる電子回路サンプルを展示紹介します。

  • ムラタソフトウェア株式会社 ロゴ

    ムラタソフトウェア株式会社

    「やさしい」CAEソフトFemtet®

    Femtet®

    Femtet®は株式会社村田製作所で開発され30年以上設計・開発の現場で活用されてきた設計者目線の実践的なCAEソフトです。使いやすいシンプルなUIから電磁波、磁場、電場、応力、熱伝導、圧電、音波といった7つの解析ソルバーとその連成解析機能が利用できます。最新のバージョンFemtet®2018ではモーター(磁場過渡)解析でN-T曲線、I-T曲線を求める機能が追加され、電磁波解析ではTDR解析が可能になりました。その他にも数多くの機能拡充が行われています。本ブースではFemtet®を使った解析事例、および最新バージョンFemtet®2018の新機能についてご紹介いたします。

図研・図研グループブース
  • system_planner

    株式会社図研

    システムレベル構想設計ソリューション

    CR-8000 System Planner

    「System Planner」は、設計上流におけるシステムレベル設計を論理・物理・実装の観点で支援する構想設計ソリューションです。
    回路ブロック(設計IP)を活用したエレキモジュラーデザインと設計資産を活用したフロアプランニングを中心とした精度の高いトレードオフ検討をご紹介します。さらに、要件と設計IPの連動を実現させるための方向性についてご提案します。

  • Design Gateway

    株式会社図研

    システムレベル回路設計ソリューション

    CR-8000 Design Gateway

    回路CADを徹底活用できる最適な回路設計ソリューションをご提案します。
    設計IPを活用したエレキモジュラーデザイン環境やSPICEを活用した回路検証環境(+オンデマンド型モデル提供サービス:MoDeCH)など、回路CADの様々な活用方法についてご紹介します。また、設計やシステム運用を手助けするガイドライン設計/技術伝承の取り組みもご紹介します。

  • Design Force

    株式会社図研

    マルチボード/SIP協調設計ソリューション

    CR-8000 Design Force

    電子回路基板の高機能化や高速化、顧客要求の多様化に伴い、基板設計の難易度がますます高くなる中、より高品質な設計を短期間で実現することが求められています。
    本ブースでは特に強化された配置・配線機能を中心に、同時並行設計や自動配線、設計制約に準拠したコンストレインツドリブンデザインによって、品質向上と設計期間短縮をともに実現する最新の設計環境を、新規機能を交えてご紹介します。

  • Design Force

    株式会社図研

    SoC/PKG/PCB協調設計ソリューション

    CR-8000 Design Force 協調設計

    プラットフォーム開発、モジュール開発における見積精度向上や開発リードタイム短縮のためにはSoC/PKG/PCBのすり合わせが不可欠です。
    本ブースでは、SoC/PKG/PCBのすべてを表現し、シームレスに連携することができるDesign Forceのシステムレベルデザイン環境をご紹介します。

  • Design Force

    株式会社図研

    エレメカ協調設計ソリューション

    CR-8000 Design Force エレメカ連携

    製品開発において、メカの要素は部品レイアウトやその後の配線設計に大きく影響します。設計上流でのメカ設計の正確な情報の考慮が、その後の設計リードタイムの短縮、設計品質の向上に寄与します。
    本ブースでは、Design Forceによる設計者間や部署間、プロセス間、ツール間の垣根を越えたシステムレベルデザイン環境をご紹介します。

  • Design Force

    株式会社図研

    システムレベルSI/PI/EMC検証ソリューション

    CR-8000 Design Force 解析連携

    SI/PI/EMC等に起因する課題は、設計の上流で如何に有効な対策を打てるかが、その後の設計リードタイムの短縮、設計品質の向上に大きく影響します。本ブースでは設計環境にダイレクトにリンクし、危険箇所抽出→対策→効果確認のフローが効率的に実現可能な、SI/PI/EMC検証ソリューションをご紹介します。

  • DFM Center

    株式会社図研

    製造設計/製造性検証ソリューション

    CR-8000 DFM Center

    「DFM Center」は、基板設計の最終工程から/製造/部品実装まで幅広く支援するトータルソリューションCAMです。
    製造設計を効率化する設計機能や製造性/実装性検証機能の他、新規/開発予定機能をご紹介します。

  • DS-CR

    株式会社図研

    CR-8000との融合による設計支援環境

    DS-CR

    「DS-CR」はDS-2とCR-8000を融合したシームレスな設計環境を提供します。CR-8000にDS-2ソリューションをEmbedded(埋め込む)することで、CR-8000環境を強化し、業務効率化とQCDの課題解決を図ります。エレキ設計環境全体をカバーする最適なソリューションをご提案します。
    また、DS-CRのベストプラクティスをパッケージ化した「DS-2 Expresso」を、新機能を交えてご紹介します。

  • DS-OP

    株式会社図研

    3rdベンダーツールのための設計支援環境

    DS-OP

    「DS-OP」は世にある技術との融合を可能とし、『OPEN』なエンタープライズ環境を実現するDS-2シリーズの製品です。
    ハードウェア設計における検証プロセス変革に向けたCAE活用支援とマルチCADデータ管理についてご紹介します。

  • Factroy Digital Twin

    株式会社図研

    工場の見える化・電気設備設計ソリューション

    XVL Studio series, E3 for Electrical Constraction

    インダストリー4.0のムーブメントが、今日では製造工場のIoT化やスマートファクトリーとして具現化されています。他方、その必要性を理解しつつも検討や計画に着手できない企業が多いことも事実です。そこで、図研では新たな取り組みとして、製品設計IT支援で培ったノウハウを工場やプラント向けソリューション"Factroy Digital Twin"として提供します。
    図面のない既存設備を3Dスキャナー経由で3Dデータ化できる"XVL Stuido Series"の活用や、工場内の電源・制御ケーブルを自動配線できる"E3 for Electrical Constraction"の機能をご紹介します。

  • Cabling Designer Series DS-CD

    株式会社図研

    電装設計ソリューション

    Cabling Designer Series,DS-CD

    輸送機器の電装設計において実績のあるハーネス設計ツール"Cabling Designer Series" 及び 専用データ管理システム"DS-CD"をご紹介します。
    "Cabling Designer Series"によるハーネス設計の自動化・効率化に加え、"DS-CD"によるトレーサビリティ確保により、設計データ活用・流用の効率化と品質向上が可能です。
    更に"Harness Designer Manufacuturer Edition”により、ワイヤハーネス製造見積~製造設計迄の連携を強力にサポートします。
    複雑さが増大する電装設計の開発リードタイム短縮に貢献します。

  • E3 series XVL Studio WR

    株式会社図研

    電気制御・配線設計ソリューション

    E3 series,XVL Studio WR

    統合電気設計ツール"E3 series" 及び 軽量3D配策ツール"XVL Studio WR"をご紹介します。
    データベース型CADである”E3.series”は、入力された情報をリアルタイムに各図面に自動反映し、図面間の整合性を担保します。転記作業やチェックの手間を無くし、高品質な各種図面および帳票類を効率的に作成することが可能です。
    また"XVL Studio WR"は、"E3.series"で設計した論理接続情報を活用して、簡単な操作で3D空間配策検討を行うことが可能です。取得したワイヤの長さ情報を用いた重量・コストのシミュレーションや、組立指示書の自動生成が可能です。

  • DS-E3

    株式会社図研

    E3.seriesとの融合による設計支援環境

    DS-E3

    「DS-E3」はDS-2とE3.seriesを融合したシームレスな設計環境を提供します。E3.seriesにDS-2ソリューションをEmbedded(埋め込む)することで、E3.series環境を強化し、設計期間の短縮、設計変更への対応、情報検索等の課題解決を図ります。ハーネス設計環境全体をカバーする最適なソリューションをご提案します。

  • 図研アルファテック株式会社

    図研アルファテック株式会社

    .dwgをベースとしたBricsCADによる3Dソリューション

    BricsCAD Platinum/オプション(BIM,SheetMetal)/3D盤図

    .dwg 互換 CAD としてスタートした BricsCAD は、2D/3D 統合 CAD として進化を続けています。3D ダイレクトモデリングや 3D 拘束、BIM オプションによる建築業界向け対応、SheetMetal オプションによる板金対応といった多様な業種をカバーできる製品群を取り揃えています。合わせて、図研アルファテックが開発したアドオンソフト『3D盤図』や開発中の『CubiclePLAN3D』をブースにてご紹介いたします。豊富な経験を生かしてカスタマイズも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

  • 図研テック

    図研テック株式会社

    Model Based Design/産業用VR

    『SimulationX』/『IC.IDO』

    図研テックは、日本イーエスアイ株式会社様との協業による、『1DシミュレーションプラットフォームSimulationX』、『産業用VRシステム IC.IDO』をご提案しています。展示ブースでは、両システムを用いたソリューションのご紹介と、ソフトウェアのデモをご覧いただけます。

  • 図研テック

    図研テック株式会社

    アウトソーシング/部品情報メンテナンス

    人材派遣・業務委託/部品属性クレンジング・EOL調査・代替品調査

    図研テックは、図研が保有する電気系CADシステムに精通する技術者を多く抱え、創業以来、お客様の設計現場での課題解決を行っております。設計実務と設計ツールの運用の両面で豊富な実績があり、お客様が抱える"モノづくり"と"設計環境の整備"に関する課題をトータルに解決いたします。
    また近年では、設計現場より電子部品のEOL対応に伴う設計付帯業務とロスコストが増大している事が大きな課題となっております。本ブースでは、電子部品情報を最適化、電子部品DB整備、EOLの早期検知等のサービスを展示しております。